Glide Note

glidenote's blog

「サーバ/インフラエンジニア養成読本 DevOps編」にて[CircleCIによる継続的インテグレーション入門]を執筆しました

サーバ/インフラエンジニア養成読本 DevOps編 [Infrastructure as Code を実践するノウハウが満載! ] (Software Design plus)

2016/02/26 に出版される「サーバ/インフラエンジニア養成読本 DevOps編」というムック本にて、特集「CircleCIによる継続的インテグレーション入門」を執筆しました。

CircleCIによる継続的インテグレーション入門

私が現在所属するKaizen Platform, Inc.でもCircleCIをヘビーユーズしており、サーバ/インフラ部分においても、

  1. インフラCI
  2. 稼働中サーバへのプロビジョニング
  3. DNSレコードの管理
  4. Terraformを用いたAWSリソースの管理
  5. Packerを用いたAMI作成
  6. 稼働中サーバのセキュリティアップデート
  7. メトリクスグラフの取得&slackへの投稿

などにCircleCIを利用しており、今回はその中のインフラCI稼働中サーバへのプロビジョニング 部分を入門用に噛み砕いて書いてます。

Kaizen Platform, Inc.におけるインフラの継続的デリバリー、インテグレーションについては技術顧問である伊藤直也[email protected][email protected]理解が深まるかと思います。

既存環境に組み込みやすいように

本特集では下記のサービス、ツールを利用しています。

ツール名 役割
VirtualBox ローカル環境にテスト用VMを起動
Vagrant テスト用VMの管理とssh接続情報の生成
knife-solo プロビジョニングの実行
Serverspec テスト用VMのプロビジョン結果のテスト
Terraform DigitalOcean上へのテスト用VM作成
CircleCI GitHubと連携しビルド/CIを実行
GitHub インフラコードの管理
DigitalOcean インフラCIのテスト用VMの作成環境


特集内でも説明をしていますがそれぞれを疎な状態を保つように利用しているので、組み替えやすく、別のサービス、ツールを利用していても取り入れやすいのでは無いかと思います。

HashiCorp tools

今回VagrantTerraformを利用し、ローカルでのテスト環境、インフラCIを実現しています。Vagrantはすでに定番ツールとなっておりますが、Terraformについてはまだまだの印象がありますので、インフラCI用の使い捨てVM管理を通じ、Terraformの感触を掴んでいただければ幸いです。

目次

それぞれの特集が独立しており、好きなところから読んで、手を動かして試せる内容となっています。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
巻頭企画 DevOpsとInfrastructure as Codeの概要
吉羽 龍太郎
第1章 DevOpsとは?
第2章 Infrastructure as Codeとは?

特集1 最速攻略!Ansible 2によるサーバ構築
新原 雅司
第1章 Ansibleの基本
第2章 Playbookの基本
第3章 Ansible[実践]
第4章 Playbookベストプラクティス

特集2 CircleCIによる継続的インテグレーション入門
前田 章
第1章 インフラのテスト入門
第2章 ローカル上でのテスト駆動インフラ
第3章 インフラCIの準備
第4章 CircleCIを利用した継続的インテグレーション
第5章 継続的インテグレーションから継続的デリバリーへ

特集3 Dockerによる仮想環境構築とKubernetesによるDockerクラスタ管理
馬場俊彰
第1章 Dockerの基本
第2章 Dockerを使ってみよう[基礎編]
第3章 Dockerを使ってみよう[応用編]
第4章 クラスタ管理ツールとは
第5章 Kubernetesの基本
第6章 Kubernetesクイックスタート
第7章 Kubernetesを詳しく見てみよう

正誤表

TerraformのDownload URLが発売直前のこのタイミングで変更になってしまい(泣)、一部コードがそのままでは動かなくなっております。詳しくは技術評論社様のサイトでご確認ください

最後に

担当した特集で利用しているServerspecの作者であるmizzyさんの紹介で特集が実現し感謝です。 担当した特集部分のレビューにご協力頂いた @tnmtさん、@kenjiskywalkerさん、@satoryuさん、ありがとうございました。

余談ですが今回の執筆にあたり、CircleCIにいろいろと問い合わせをしていたところステッカーとTシャツが送られてきて、CircleCIにも感謝です! / Thanks CircleCI !!

A photo posted by Akira Maeda (@glidenote) on


本書がビジネスに貢献するITインフラの役に立つ1冊になれば幸いです。

追記 2月26日追記

本日2016年2月26日(金)発売で、今現在カテゴリー別1位になっているようで、ありがとうございます!

Comments