Glide Note

glidenote's blog

homebrewを利用してrubyオプションが有効なvimを導入

LionというかMacに入っているVimはrubyオプションが無効になっているので、 homebrewを利用してrubyオプションが有効なvimを導入。毎回ググっているので自分用メモ。

デフォルトのvimのrubyオプションの状態を確認

1
2
3
4
[[email protected]] $ uname -a
Darwin MacBookAir.local 11.4.0 Darwin Kernel Version 11.4.0: Mon Apr  9 19:32:15 PDT 2012; root:xnu-1699.26.8~1/RELEASE_X86_64 x86_64
[[email protected]] $ vim --version | grep ruby
-python3 +quickfix +reltime -rightleft -ruby +scrollbind +signs +smartindent 

-rubyとなっていてrubyオプションが無効になっている。

homebrewを利用して導入

非常に便利なformulaがあったのでそれを利用

homebrew経由で導入したvimのrubyオプションの状態を確認

1
2
3
[[email protected]] $ /usr/local/bin/vim --version | grep ruby
+reltime -rightleft +ruby +scrollbind +signs +smartindent -sniff +startuptime 
Linking: /usr/bin/llvm-gcc   -L. -L/Users/akira/.rbenv/versions/1.9.2-p290/lib  -L/usr/local/lib  -L/usr/local/lib -o vim       -lm  -lncurses -liconv -framework Cocoa        -lruby-static -lobjc -L/Users/akira/.rbenv/versions/1.9.2-p290/lib   

/usr/local/bin/vim+rubyでrubyオプションが有効になったvimが入りました。

参考

Comments